このような症状がある方は御気軽にご相談ください

のどの痛み、さむけ、発熱、くしゃみ、鼻みず・鼻詰まり、鼻炎、せき、たん、関節痛 、腹痛、げり、はき気・おう吐、便秘、胃の痛み、胸焼け、胸の痛み、頭痛、肩こり、慢性疲労、冷え性、息切れ、めまい、動悸、高血圧、むくみ、喘息、アレルギー、じんましん(蕁麻疹)、インフルエンザ、熱中症、水虫、つめ白癬、花粉症、扁桃腺の腫れ、かぜ、インフルエンザ検査、インフルエンザ治療(タミフル、リレンザ)希望

携帯サイトQR

QRコード対応携帯の方はこちらのバーコドを読み取りください

下剤を飲めずに諦めていた方に!2Lの下剤を飲まずに大腸内視鏡検査

従来までの大腸内視鏡検査では胃腸に残っている内容物を約2Lの下剤を飲用して洗い流す前処置が必ず必要でした。2Lもの下剤を飲み干すのは患者様にとって非常にご負担になることがあります。このような患者様のために近年開発された内視鏡的洗浄液注入法という方法があります。

内視鏡的洗浄液注入法は簡単にいえば下剤を内視鏡(胃カメラ)を通して軽い鎮静剤投与で寝ている間に小腸と胃内に注入する方法です。注入後約1時間で排便が開始し、約2から3時間程で排便が止まり前処置が完了します。直接内視鏡で見ながら行い無理な注入にならないため、患者様にもご安心いただけるかと思います。この方法をお受けになった多くの患者様から非常に楽だったとの印象をいただいています。 問題となる様な副作用は1例もなく、この方法で大腸検査を受けられた患者様の9割以上の方が次回も注入法を選択されています。

一つデメリットがあると言えば一日で胃カメラと大腸カメラを受けて頂く必要があることです。午前の胃カメラ時に一度鎮静剤投与があり、午後の大腸カメラ検査時にもう一度鎮静剤投与をします(検査後はすぐに目覚め歩行が可能です)。胃カメラ終了後、大腸カメラ開始時間まで時間がある場合は一時的に外出も可能でコーヒー、紅茶などの検査に支障のない物でしたらご飲用もかまいません。この方法を使いますと、午前8時30分に来院された場合、下剤注入法をしてから12時30分に大腸カメラ開始、午後1時ごろ検査終了となります。検査終了後は歩いてお帰りいただくことが可能です。