このような症状がある方は御気軽にご相談ください

のどの痛み、さむけ、発熱、くしゃみ、鼻みず・鼻詰まり、鼻炎、せき、たん、関節痛 、腹痛、げり、はき気・おう吐、便秘、胃の痛み、胸焼け、胸の痛み、頭痛、肩こり、慢性疲労、冷え性、息切れ、めまい、動悸、高血圧、むくみ、喘息、アレルギー、じんましん(蕁麻疹)、インフルエンザ、熱中症、水虫、つめ白癬、花粉症、扁桃腺の腫れ、かぜ、インフルエンザ検査、インフルエンザ治療(タミフル、リレンザ)希望

携帯サイトQR

QRコード対応携帯の方はこちらのバーコドを読み取りください

病気のはなし(生活習慣病)

高血圧

高血圧とは?


興奮や運動などによる一時的な血圧の上昇ではなく、持続的に動脈血圧の高いもの、精神的・肉体的ストレスに関係なく血圧の高い場合(>140/90mmHg)をいいます。

高血圧の症状


多くは無症状ですが、急に血圧が上がった時などには、吐き気・激しい頭痛、意識障害、けいれん、手足のマヒなどを起こすこともあります。

高血圧のコントロールはなぜ必要?


高血圧が長期間持続することにより、動脈硬化が進行したり、心臓への負担となり、下記のような障害が起きてしまいます。

(1) 心臓疾患:心肥大、心不全、狭心症、心筋梗塞など

(2)腎臓疾患:腎動脈硬化症、腎機能障害など

(3)脳疾患:脳動脈硬化症、脳出血、脳梗塞など

(4)眼底:眼底の動脈硬化、眼底出血

高血圧の検査


血圧測定や他に血圧を上げる病気が隠れていないか、合併症の進行度を調べる為に血液、尿の検査などを行ないます。

正しい血圧の測り方

高血圧の治療法


長期にわたり適切な降圧目標値に血圧を維持し、高血圧により発症する脳血管障害、心血管系疾患や腎臓疾患を予防することが大事になります。
降圧目標は正常血圧値の130/85mmHg以下と言われていますが、高齢者や糖尿病、腎臓疾患を持つ患者では多少変わってきますので、主治医に御相談下さい。
治療は生活習慣の改善と薬物治療が中心となります。

1.生活習慣の改善

  • 食塩制限:6g/日以下。
  • 適正体重の維持(BMI 22)。
  • 運動:30分以上の有酸素運動を週3日~7日続けます。
  • アルコール制限:エタノールとして男性は20~30ml/日以下(日本酒1合)、女性はその半量までとします。
  • 禁煙
2.薬物治療

通常は1種類から開始し、数か月間で徐々に目標血圧までコントロールしていきます。1種類で不十分な場合には、他の降圧薬を併用したり、薬の増量を行います。一度高血圧の薬を飲み始めたとしても、生活習慣の改善によって、薬を飲まなくても血圧が正常化し、薬を中止できることもあります。

高脂血症

高脂血症とは?


高脂血症とは、血液中のコレステロールや中性脂肪が増加する状態のことです。
高脂血症を長い間放置しておくと、血管内にコレステロールや中性脂肪がたまって、血管がつまりやすくなります。狭心症・心筋梗塞・脳梗塞などの重篤な病気が引き起こされます。

高脂血症の原因


高脂血症の原因として、食事内容や運動習慣といった日常の環境因子の関与が大きいことが特徴です。
その中でも、食事の影響は大きく、高カロリーの食べ物・飽和脂肪酸・コレステロール・糖質などを多く含む食品、アルコールの取りすぎは、コレステロールや中性脂肪を増加させます。運動不足は中性脂肪の代謝を悪くし、タバコは善玉コレステロールを減らします。家族性高コレステロールという、遺伝性の病気や二次性高脂血症という、ある種の疾患(糖尿病・肥満症・甲状腺機能低下症・ネフローゼ症候群・クッシング症候群など)や薬剤により引き起こされるものもあります。

高脂血症の症状


高脂血症の症状として、手指関節・膝関節・肘関節の屈側に黄色腫瘤、角膜周囲が白くなる、アキレス腱肥厚などの症状が挙げられます。しかし、高脂血症の状態であっても、自覚症状がまったくないことが多く、検診などの血液検査で偶然発見される人がほとんどです。

高脂血症の検査


高脂血症は、血液検査で総コレステロール、LDLコレステロール、HDLコレステロール、中性脂肪の値を調べます。正確に調べるには、12時間以上絶食したあとの早朝空腹時に測定することが重要です。

高脂血症の診断


糖尿病になったら必ず合併症が起こるわけではありません。適切な血糖コントロールができれば進行を防ぐことができます。正しい治療を続け、定期的な検査と診察を受け ることが大事になります。治療には食事療法・運動療法・薬物療法があります。

高LDLコレステロール血症 LDLコレステロール ≧140mg/dl
低HDLコレステロール血症 HDLコレステロール <40mg/dl
高トリグリセリド血症 トリグリセリド ≧150mg/dl

高脂血症の治療法


高脂血症の治療法には、食事療法と運動療法と薬物療法があります。
食事療法や運動療法を行っても目標値まで下がらない場合は、薬物療法を行います。薬物療法には、コレステロールを減らす薬と中性脂肪を減らす薬があります。食事療法や運動療法を中心とした生活習慣の修正を3~6か月行っても効果が不十分な場合に薬物療法が用いられます。

高脂血症の状態は、血液検査でしか判断できなません。また、高脂血症に伴う合併症を早期に発見するためにも定期的な検査が必要です。

1)食事療法

LDLコレステロール値が高い場合は、飽和脂肪酸の制限・コレステロール摂取の制限・食物繊維の摂取量を増やすことが必要です。また、中性脂肪値が高い場合は、果物や菓子類の摂取の制限・アルコール摂取の制限が必要です。

LDLコレステロールが増える 動物性食品・肉・卵・生クリーム・チーズ・バター・ラード・ヤシ油・ココナッツ油・チョコレートなど
LDLコレステロールを下げる 食物性食品・大豆油・ゴマ油・米ぬか油など
HDLコレステロールの低下を防ぐ オリーブ油・ナタネ油など
2)運動療法

高脂血症の誘因には、食事のほかに精神的ストレスや運動不足などがあります。
運動不足はLDLコレステロールを増加させるので、積極的に運動療法を行うようにしましょう。速歩(ウォーキング)・ジョギング・水泳・エアロビクスなどを、ストレッチや筋力トレーニングと組み合わせて行うことが理想的です。

高尿酸血症

高尿酸血症とは?


高尿酸血症には、何らかの疾患や障害によって出現する場合と、原因がはっきりしない場合とに分かれます。
血液中の尿酸が7mg/dl以上に達すると、過剰な尿酸が結晶を形成し、体内に蓄積するようになります。尿酸の結晶が急性の関節炎を引きおこす状態を痛風といい、急激におこる関節炎の発作を痛風といいます。
痛風の大部分は原因がはっきりせず、遺伝と環境因子の双方が関与した疾患と考えられています。痛風は成人男性に多く、女性は痛風全体の1~2%くらいの割合で、男性に圧倒的に多い病気です。

高尿酸血症の原因


尿酸はプリン体という物質が肝臓で分解されることで作られます。尿酸の産生と排泄のバランスが崩れると高尿酸血症となります。尿酸のバランスが崩れる要因に、激しい運動、飲みすぎ(特にビール)食べ過ぎ、魚介類・内臓・干物などの高プリン体食品、ストレス、肥満、水分不足などがあげられます。

高血圧・痛風の症状


高尿酸血症自体は無症状ですが、皮膚や関節などに尿酸の結晶がたまり、急性関節炎がおこると関節の急激な痛みを伴う痛風の症状が現れるようになります。
痛風発作の多くは、足の親指の付け根の激痛です。違和感に続いて痛みが発症し、数時間単位で悪化し、24時間以内にピークに達します。徐々に、痛みは消失しますが、放置すると発作を繰り返し、発作の間隔が次第に短くなります。

高血圧・痛風の検査


血液検査で血液中の尿酸値が7mg/dl以上かどうか調べます。炎症の程度や腎機能検査を血液検査で調べます。

痛風と高尿酸血症の治療法


痛風の治療

痛風の治療には、痛風発作の予防と発作治療のための薬物療法・高尿酸血症に対する治療に大別されます。

高尿酸血症の治療

高尿酸血症の治療には、肥満の解消、アルコール摂取の制限、過度な肉の制限などです。薬物療法には、尿酸の排泄を促進する薬剤・尿をアルカリ性に保ち尿路結石の生成を防止する薬剤・尿酸の生合成を阻害する薬剤が用いられます。

食事療法

  • 適正なエネルギー量を摂取して肥満を予防しましょう。
  • プリン体を多く含む食品(干物・ヤリイカ・スルメイカ・モツ類・肉エキス・イワシ・えび・かつおぶし・白子・レバーなど)の摂取を多量に連続して摂取することは避けましょう。
  • アルコールは、尿酸排泄の低下をきたすので過飲しないようにしましょう。
  • 水分を十分にとり、尿量を多くしましょう。脱水は尿酸値を上昇させるので、運動後には、水分補給に努めましょう。
    また、腎臓結石・尿路結石を予防するためにも必要です。
  • 尿のpHをアルカリに保つように、野菜や海草を多めにとりましょう。

尿酸値は血液検査によって判定できるので、定期的に受診し、検査を受けるようにしましょう。また、生活習慣の是正が治療の中心となるのでご自身の生活習慣を見直してみましょう。

糖尿病

糖尿病とは?


血液中のブドウ糖が高くなる状態(高血糖)が続き、きちんと治療(血糖をコントール)しないと様々な合併症を引き起こしてくる病気です。その原因はインスリンの分泌や作用不足によって起こります。一度発症すると、完全に治るということがありません。多くの場合、初期の段階では自覚症状が出現しにくく、その間にも様々な合併症の進行を起こします。

糖尿病の症状


  • なんだか疲れやすい
  • お腹がすいてよく食べるのに体重がむしろ減ってくる
  • 足がつったり、しびれたりする
  • 目がかすんだり、黒い点が見えたりする
  • ちょっとした傷が治りにくくなる
  • 性機能に問題が生じる(ED)
  • のどがすぐ渇き、水をよく飲む。おしっこが多くなる

糖尿病の検査


1)血液検査

(1) 空腹時血糖検査:126mg/dl以上

(2) ブドウ糖負荷試験2時間値:200mg/dl以上

(3) 随時血糖値:200mg/dl以上

(1)~(3)のいずれか1つでも別の日に検査してあてはまる時に糖尿病と診断します。

2)合併症の検査

その他にも糖尿病のコントロールが悪いことによって起きてくる合併症(腎不全、網膜症、神経症)の進行を調べる為、検尿、眼底検査、神経伝達速度等などの検査も必要になります。

糖尿病の合併症


血糖が高い状態が続くことにより引き起こされる、身体のさまざまな部分の障害の ことをいいます。特に頻度が高いものに網膜症状、腎症、神経症があります。

(1) 糖尿病性網膜症:単純網膜症→前増殖網膜症→増殖網膜症と進行し最悪の場合は失明に至ることもあります。

(2) 糖尿病性腎症:早期腎症→顕性腎症→ネフローゼ症候群→腎不全と経過し、腎不全になると人工透析が必要です。

(3) 糖尿病性神経症:感覚神経、自律神経などの障害により、下痢、便秘、しびれ、吐き気、胃もたれ、こむら返り、失禁、立ち眩みなどを起こします。

糖尿病の合併症

糖尿病の治療法


糖尿病になったら必ず合併症が起こるわけではありません。適切な血糖コントロールができれば進行を防ぐことができます。正しい治療を続け、定期的な検査と診察を受け ることが大事になります。治療には食事療法・運動療法・薬物療法があります。

1)食事療法

食事は1日3回、規則的に摂り、間食は基本的には控えて下さい。

食事は量さえ気をつければ何を食べても大丈夫なので、患者さん用に特別な食事を用意する必要はありません。低カロリーで品数豊富な食事は、同居する家族の生活習慣病の予防にも役立ちます。メニューを立てる際には、日本糖尿病学会がつくった「食品交換表」を参考にするといいでしょう。

2)運動療法

一般的には1日30分程のウォーキングやランニングなどの有酸素運動が効果的と言われています。運動療法には肥満解消のほか、心肺機能の向上、動脈硬化の予防、筋肉の強化などの目的がありますし、運動をして血糖が下がると、身体が要求するインスリンの量が減るという、インスリンの節約効果もみられます。但し、治療の一環なので、自分に適した運動の種類と量を、合併症の状況や他の病気の有無を合わせて、主治医とよく相談して決めましょう。

3)薬物療法

食事、運動療法で血糖コントロールできない場合には飲み薬を使うことがあります。
副作用で血糖が下がりすぎることがありますので、主治医に指示された用量用法を必ず守りましょう。また、飲み薬でも改善がない時には自宅でインスリン注射を行って頂くこともあります。

脂肪肝

脂肪肝とは?


肝臓の細胞の30%以上に脂肪がたまった状態をいいます。
健康診断で引っかかる肝機能異常(AST,ALTの上昇)の大部分は脂肪肝ですが、症状は殆どの方でありません。糖尿病、高脂血症、高血圧などと共に増加している生活習慣病のひとつです。一部の方は肝炎、肝硬変から肝癌になる場合もあります。

脂肪肝の原因


お酒の飲みすぎ、糖尿病、肥満(食べ過ぎ、運動不足)が主な原因となります。
他にも妊娠や飲んでいる薬によるものもあります。

脂肪肝の検査


腹部エコー検査などの画像検査と血液検査(AST,ALT,γ-GTP、中性脂肪、HDL-コレステロール等)とを合わせて診断します 。まれに肝臓の組織を採取し(肝生検)、組織学的診断が必要な場合もあります。

脂肪肝の治療法


1)生活習慣の見直し

(1) 食生活の改善

食事の内容

  • 質(ごはん、おやつ、ジュース)を減らす。
  • 油っこい料理を減らす(同じ食品でも揚げる、炒めるよりも、煮る、蒸すなどに)。
  • たんぱく質、野菜(1日350g以上)をきちんと食べる。
  • アルコールを減らす。

食事の仕方

  • 食事は3食規則的にとり、夕食を軽めにする。
  • 間食、外食を避ける。
  • ゆっくりよくかんで食べる。

(2) 運動不足の解消

  • 食事療法と運動療法を組み合わせて行うことが効果的です。
  • 散歩・ジョギング・自転車・水泳など全身の筋肉を使い、 脂肪をたくさん燃焼する有酸素運動が効果的です。

  • 軽~中等度(汗はかくが、会話ができる程度)の運動が理想的です。
  • 1回30分、週3~5回以上を目標に、時間を決めて歩きましょう。

  • 1日10000歩以上を目標に歩くとよいです(少なくとも5000歩)。

  • 長期間続けることが大切です。
2)薬物療法

高脂血症、糖尿病、高血圧などの併存する疾患の治療が大事になります。場合によっては肝臓を保護する薬や利尿剤などを使うこともあります。