このような症状がある方は御気軽にご相談ください

のどの痛み、さむけ、発熱、くしゃみ、鼻みず・鼻詰まり、鼻炎、せき、たん、関節痛 、腹痛、げり、はき気・おう吐、便秘、胃の痛み、胸焼け、胸の痛み、頭痛、肩こり、慢性疲労、冷え性、息切れ、めまい、動悸、高血圧、むくみ、喘息、アレルギー、じんましん(蕁麻疹)、インフルエンザ、熱中症、水虫、つめ白癬、花粉症、扁桃腺の腫れ、かぜ、インフルエンザ検査、インフルエンザ治療(タミフル、リレンザ)希望

携帯サイトQR

QRコード対応携帯の方はこちらのバーコドを読み取りください

内視鏡症例

咽頭がん

咽頭がん

  1. 嚥下時つかえ感あり。

    NBI拡大画像で異常な毛細血管を認めます。


咽頭がん咽頭がん

中咽頭がん

拡張した不整な血管  咽頭がん


食道カンジダ(カビ)食道ガン

食道癌


食道カンジダ(カビ)

食道カンジダ(カビ)


逆流性食道炎

逆流性食道炎

食事嚥下時のつかえ感あり

高度の炎症(食道炎)を認めました。


早期胃がん

早期胃がん

70歳代女性

貧血あり精査。早期胃がんの診断で手術。


早期胃がん

早期胃がん

胃がん術後の再発。

NBI拡大画像で異常な粘膜模様と毛細血管あり。


早期胃がん

早期胃がん

無症状で受けた検診で早期胃癌の診断。

内視鏡で切除。


早期胃がん

早期胃がん

内視鏡で切除が可能です。


早期胃がん

胃の壁に深い浸潤がなく内視鏡切除で治療が可能です。


早期胃がん

色素散布:辺縁に平坦隆起による広がりを伴います。


早期胃がん

NBI拡大観察


早期胃がん

がんによる不整な粘膜模様が見られます


進行胃がん

手術で切除します


進行胃がん

進行胃がん

「食事が喉につかえる」症状があり胃カメラを受けられました。

内視鏡では治療できず手術での治療に。


胃潰瘍

胃潰瘍

健診の胃透視(バリウム)検査で異常を指摘され胃カメラを施行。

症状が全くない胃潰瘍でした。


MALTリンパ腫

MALTリンパ腫


胃アニサキス症

胃アニサキス症

「胃アニサキス症」:あじ、さけ、さば、たら、いかなどに寄生するアニサキス(寄生虫)が胃の粘膜に刺入して腹痛、はき気などをおこします。


胃アニサキス症

胃アニサキス症

胃カメラを行い、アニサキスを除去することで症状が消失します。


胃間葉系腫瘍

胃間葉系腫瘍

黒色便あり。


十二指腸潰瘍

十二指腸潰瘍

空腹時に腹痛が続き受診され、十二指腸潰瘍の診断となりました。


虚血性腸炎

虚血性腸炎


大腸ポリープ

大腸ポリープ

健診の便潜血検査陽性→大腸カメラ

内視鏡で切除し治癒しています。


早期胃がん

大腸ポリープ(腺腫)

色素(ピオクタニン)散布後拡大観察で表面の粘膜模様、血管形態から良性(腺腫)と診断できます。


大腸ポリープ(腺腫)

大腸ポリープ(腺腫)

内視鏡切除で治癒。


早期胃がん

大腸ポリープ(腺腫)

NBI拡大画像。


大腸ポリープ(腺腫)

大腸ポリープ(腺腫)

大腸ポリープ(高度異型腺腫)


大腸ポリープ(腺腫)

大腸ポリープ(腺腫)

色素散布(ピオクタニン)後の拡大観察


大腸ポリープ(腺腫)

大腸ポリープ(腺腫)

概ね良性のポリープですが、一部、異型の強い部位が見られます。


胃潰瘍

早期大腸癌

無症状


胃潰瘍

早期大腸癌

病変周囲には良性の成分を認めています。


進行大腸がん

進行大腸がん

手術で切除し、周囲のリンパ節転移が確認されました。


大腸悪性ポリープ(早期がん)

大腸悪性ポリープ(早期がん)

内視鏡で切除できます。


進行大腸がん

進行大腸がん

採血で貧血を指摘→大腸カメラ

腫瘍が大きく手術が必要です。


潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎

30歳代男性

血便、微熱あり。


大腸良性ポリープ

大腸良性ポリープ

がんに成長する可能性があるので内視鏡で切除します。